そもそも格安航空券とはなんだろう

格安航空券ってどういったチケットなのかということを皆さんご存知でしょうか?
こういったものをつかってのお出かけというのは、各販売会社のパンフレットでたくさんありますよね。
こういったパンフレットなどでお値段をみているだけでも、そこらの普通のパックとは違って、とってもお値段が安くて、普通に買うよりもすごく差があることに気付くと思います。
そもそもよくいう、格安のチケットとは一体なんなんでしょうか?
そういったことをご紹介します!
こういった格安のチケットは、航空会社が発行している、正規のチケットとは違います。
こういったチケットには、なんと種類があるんです。
それは、3種類ありまして、普通運賃航空券、さらにPEX航空券、そして今ご紹介するチケットの3種類となります。
まずは、普通運賃航空券というのがあります。
こちらは、航空会社で、定価で買う普通のチケットですね。
普通の料金なので、何も割引はないので、お値段は高いですが、その分日程などの融通がきくことがメリットといえるでしょう。
次にPEX航空券というものがあります。
こちらは、航空会社が割引したチケットとなります。
割引き率はその会社によって違いますが、そのシーズンによっては、割引率が高くなり非常に安くなることがあります。
正規割引航空券、とも呼ばれています。
そして、次に格安のチケットです。
こちらのチケットは、航空会社が特別に安い価格で販売しているものです。
格安のプランなどで販売していて、ITチケットとも呼ばれています(IITというのもあるようです)。
つまり、航空会社がパック用に販売し、旅行会社にまとめ卸しをしていたものを、消費者がばら売りで買っているというものが格安のチケットなんですね。
格安のチケットと一言でいっても、場合によっては、PEX航空券の時もあります。
ですので、値段がそれぞれどちらが安いかは調べてみないとわかりませんので、一度調べてみることをおすすめします!
デメリットですが、格安のチケットは経路変更だったり、日程変更をしたりするのが難しいんです。
安い分、その分縛りがあるということなんですね。
普通運賃航空券なら、帰りをのばしたり、日程変更したり、急なキャンセルなどもできたりしますが、格安のチケットはそうはいかないのが欠点です。
安い値段でまとめて卸売されているというのが裏側ですので、そういったところを頭に入れて、購入することが必要となりますね。
格安のチケットはこのような種類がありますが、 国内格安航空券(飛行機チケット)の比較・予約なら『旅歩ドットコム』でやはり安くで手に入りますし、交通費を浮かすことができますので、おすすめです。