もっと安くお得に!格安航空券の賢い買い方とはどんな方法があるのか

もっと安くお得に格安航空券を購入したいと思っている方は皆さん同じでしょう。そこで、ここでは、格安航空券の賢い買い方をご紹介したいと思います。これを知れば、きっとあなたもこれからお得に、そして安く格安航空券を手に入れることができますよ。

インターネットでの格安航空券の予約・購入ができるようになろう

今やインターネットがないと、どんなビジネスも成り立たなくなってきています。そして、私達の生活でもインターネットは欠かせないアイテムとなっていますが、このインターネットが、格安航空券の賢い買い方の1つの方法なのです。

インターネットを使えば、旅行会社にわざわざ連絡をしなくて済みます。旅行会社は私達が働いているような日にちに営業しているので、連絡が取りづらいですよね。ですが、インターネットであれば、24時間365日どこからでも予約が可能です。

そんなメリットがあると同時に、インターネットで格安航空券を予約・購入すると、無駄な手数料がとられなくなっているのです。特にlccに関してはそれが強く、それ以外の予約方法は有料となります。

旅行会社でも最近は手数料をとる会社が増えてきました。ですので、まずは、インターネットで格安航空券を予約・購入できるようになること、そしてそれを実行することが賢い買い方となります。インターネットでは、空席状況や値段も一目でわかるので、時間の節約にもつながりますよ。

格安航空券についてメリットもデメリットも知っておくこと

格安航空券の賢い買い方、それは格安航空券のメリットもデメリットも知っておくことです。これを知っておかないと、せっかく安く購入した格安航空券も損することがあるからです。

格安航空券のメリットは安いということ、そして、サービスは、普通運賃で航空券を購入した人とは基本的には変わらないということです。しかし、もちろん、デメリットもあり、それが、キャンセルや変更がしにくいということです。

できたとしても、必ずペナルティが発生します。ですので、そうならないために、必ず旅行日はフィックスさせること、それができないのであれば、格安航空券ではなく、フレキシブルに日付変更などができる普通航空券を選んだ方が安くつくこともあります。

さらに、格安航空券の場合、出発日近くになるまではっきりとした便名や航空会社がわからない(実は、指定されている時間帯から大体どの便になるかは慣れてくればわかります)ことが多いので、旅行計画が立てづらいこともあるということは、ぎっしりと予定が詰まっている方にとってはデメリットとなり得ますので、要注意です。

航空券の賢い買い方を知りたい方必見!航空券を上手く買うにはどうする?

「ああ、あの時買っていればもっとお得にこのチケットをゲットできたのに」とか、「もっとうまく航空券というのは購入できるのではないか」と思っている方は少なくないはずです。そこで、ここでは、航空券の賢い方について、その方法をいくつかご紹介しますので、参考にしてください。

航空券が安く販売される日にちを把握して安く航空券を購入するのが賢い!

航空券が安く販売される日にちがあるのをご存知でしたか。これはかなりマニアックなので、知らない方も多いのです。

例えば、メキシコであれば、毎月30日辺りから、プロモーション価格で航空券を販売することがあり、一般の方にはあまり知られていないのですが、それを知っている方はこの日に集中して、各航空会社(LCCも含む)のホームページにアクセスが集中し、翌日には、普通の値段に戻っているなんていうこともよくあります(ディスカウント価格が売れてしまったため)。

こういった、特殊な日程以外にも、例えば、ローシーズンというものがあるので、それを利用することが航空券の賢い買い方だといえるでしょう。

特に旅行の日程が決まっていない方は、ハイシーズン(日本であれば年末年始、お盆や夏休み、それにゴールデンウィークの時期)ははずし、その頃に行きたいのであれば、出発日をその終わり頃の日にちに設定し、帰国日を外すことで、無駄な追加料金も取られません。

ローシーズンであれば、基本料金自体が全体的に安くなるので、 こういった時期を狙って航空券を購入するというのも手です。ハイシーズンに近い日であっても、ちょっと日にちをずらすだけで、かなり料金が安くなるので、有給の使い方も考えれば、賢く航空券を購入することができますよ。

値段で判断せずに快適さと時間で航空券は選ぶのが賢い!

確かに、航空券というと、今は燃油サーチャージもかかる分、ちょっとでも安い便をとって旅行しよう、どうせエコノミーなんてどれも同じだろうと思うかもしれません。

ですが、値段で航空券を判断するのは賢い選び方でもあるかもしれませんが、そうではないともいえます。

例えば、長距離フライトである場合、値段で判断してしまうと、とんでもない席にあたって、不快なフライトを何十時間も過ごすことになるかもしれません。

ですので、例えば、5万円くらい足して最安値の同じフライトのエコノミー(長距離路線)をとってストレスを抱えるよりも、快適なシートをもらえて、食事も格上、さらにCAさんのアテンドも細かくなるビジネスクラスが購入できるのであれば、それを利用した方が、賢い航空券の買い方だといえます。

そうすれば、もちろんマイルもエコノミーより貯まりますし、籍はどこに座っても快適にできていて、サービスも満点です。

他にも、値段を重視して直行便ではなく経由便を選び、1,2時間くらいの差だからと思っていても、結局、不備があったりで、それ以上のロスをしたら、ストレスもたまり、時間もロスして、心地よい空の旅はできませんから、ちょとっ高くても直行便を選んだ方が賢いといえます。

そもそも格安航空券とはなんだろう

格安航空券ってどういったチケットなのかということを皆さんご存知でしょうか?
こういったものをつかってのお出かけというのは、各販売会社のパンフレットでたくさんありますよね。
こういったパンフレットなどでお値段をみているだけでも、そこらの普通のパックとは違って、とってもお値段が安くて、普通に買うよりもすごく差があることに気付くと思います。
そもそもよくいう、格安のチケットとは一体なんなんでしょうか?
そういったことをご紹介します!
こういった格安のチケットは、航空会社が発行している、正規のチケットとは違います。
こういったチケットには、なんと種類があるんです。
それは、3種類ありまして、普通運賃航空券、さらにPEX航空券、そして今ご紹介するチケットの3種類となります。
まずは、普通運賃航空券というのがあります。
こちらは、航空会社で、定価で買う普通のチケットですね。
普通の料金なので、何も割引はないので、お値段は高いですが、その分日程などの融通がきくことがメリットといえるでしょう。
次にPEX航空券というものがあります。
こちらは、航空会社が割引したチケットとなります。
割引き率はその会社によって違いますが、そのシーズンによっては、割引率が高くなり非常に安くなることがあります。
正規割引航空券、とも呼ばれています。
そして、次に格安のチケットです。
こちらのチケットは、航空会社が特別に安い価格で販売しているものです。
格安のプランなどで販売していて、ITチケットとも呼ばれています(IITというのもあるようです)。
つまり、航空会社がパック用に販売し、旅行会社にまとめ卸しをしていたものを、消費者がばら売りで買っているというものが格安のチケットなんですね。
海外の格安航空券はもちろん、格安航空券 国内利用の際にも大変役立つ優れものです。
格安のチケットと一言でいっても、場合によっては、PEX航空券の時もあります。
ですので、値段がそれぞれどちらが安いかは調べてみないとわかりませんので、一度調べてみることをおすすめします!
デメリットですが、格安のチケットは経路変更だったり、日程変更をしたりするのが難しいんです。
安い分、その分縛りがあるということなんですね。
普通運賃航空券なら、帰りをのばしたり、日程変更したり、急なキャンセルなどもできたりしますが、格安のチケットはそうはいかないのが欠点です。
安い値段でまとめて卸売されているというのが裏側ですので、そういったところを頭に入れて、購入することが必要となりますね。
格安のチケットはこのような種類がありますが、 国内格安航空券(飛行機チケット)の比較・予約なら『旅歩ドットコム』でやはり安くで手に入りますし、交通費を浮かすことができますので、おすすめです。