jal利用時に預け荷物の大きさに制限はあるの?

jalなら安心して荷物を預けられるの?寒い国や冬場に旅行をするときには、どうしても荷物が多くなる傾向があります。また薄着の時期でも、行く場所やレストランのドレスコードなどを考慮するとついつい洋服が増えてしまうということもあります。jalって預け荷物の大きさに制限はあるのでしょうか。

預け荷物を準備するときにはまずスーツケース選びから

飛行機というのは、預け荷物をする場合、まずスーツケースの大きさをチェックされます。jalにおいてもそのスーツケースの大きさは重要です。しかしjalの預け荷物って、かなり優遇されているって知っていますか?

実は大きなスーツケースのサイズまで預けることができるのです。そのサイズは、縦×横×高さの合計が203㎝まで。これだけの大きさであれば、1週間程度の荷物は運ぶことができそうですね。

またエコノミークラスの場合は、スーツケースを2個まで預けることができるので、荷物が入らないという場合には、もう一つスーツケースを追加することもできます。

スーツケースがきまったら、荷物を詰め込んでいこう

スーツケースがきまったら、今度は必要なものを詰め込んでいく作業に入ります。その作業は旅行前のうきうきした気持ちを盛り上げてくれる楽しい時間。そんな荷物は、実は重さの制限があります。

それが、一つのスーツケースが23キロという重さであること。23キロというと持ってみればわかりますが、かなり重たいもの。体重計にのせて測るのも大変ですよ。

そんな荷物を詰め込んだら必ず重さはチェックしておきましょう。もしもオーバーしていたら追加料金を支払うことになるので、制限内で抑えることが大切です。

ビジネスクラス、ファーストクラスのスーツケースは更に優遇される

ここまではエコノミークラスについてご紹介しました。しかしビジネスクラス、ファーストクラスにおいては、3個までスーツケースを預けることができるのですね。更にその1個は32キロまでOKなのです。

そのためjalのスーツケース持ち込みってかなり利用しやすいと言えるのではないでしょうか。

jal

関連記事:

格安航空券 賢い買い方TOP